スポンサーリンク
スポンサーリンク

穴場探訪&アジュール舞子でグレ狙い

釣行データ


PAP_2258.jpg

【日付】2017/6/10
【天気】晴れ
【潮】大潮
【対象魚】グレ(メジナ)・豆アジ・ベラ・小物なんでも!
【エサ】オキアミ
【釣果】豆アジ8cm前後×22匹・小サバ11cm位・スズメダイ13cm前後×2匹・ベラ14cm前後×3匹・メバル13cm前後×2匹・アナハゼ13cm位・ハオコゼ7〜8cm×3匹位・クサフグ15cm前後×10匹くらい
【釣行時間】9時半〜19時半
【場所】アジュール舞子・垂水港・西舞子漁港

釣行記


先週の土曜日も釣りに行って来ました! あちこち行ったので、場所別に釣行記を書いてみたいと思います。

アジュール舞子 セトレ前 表側

PAP_2272.jpg
まずは、アジュール舞子のセトレ前、表側でグレ狙い。

グレがなかなか釣れないのは、きっと竿を出すのが遅いのだろうという事で、頑張って9時半頃に来てみました。(いつもは11時頃)

釣り場はまだ空いてたので希望の場所ゲット! この日は大潮。転流の10時半までが狙い目。それを越えたら夕方まで激流で釣りにならないと予想。

早速竿を出します。流れはゆるくていい感じ。しかし、結局グレからの当たりなし。向こうのカゴ釣りのベテランさんが1枚上げたのを見たのみでした。

10時半を過ぎると、案の定激流が通し出したので移動です。

アジュール舞子 孫文記念館前 表側

PAP_2269.jpg

続いて、大橋下の西側に行こうと思ったら珍しく混雑。 久しぶりに孫文記念館前の表側に入りました。

こちらは状況が全く異なり、海の透明度が高い! 15〜20m先まで黒い海藻帯があるのが観察できました。へぇ〜。そして、クラゲが結構浮かんでいます。

ここで11時〜お昼まで竿を出しましたが、特に何も釣れず。グレの気配もなし。厳しかったです。

アジュール舞子 孫文記念館前 ワンド側

お腹が減って来たので、お昼にごはん休憩。

コマセとおにぎりだけ持って、ワンド側に行ってみました。こちらは、また状況が全然違くて、底までくっきり。これなら、どこかに魚がいればすぐに分かります。

そして、コマセを撒きながらご飯を食べていると...

グレ居た!!

スズメダイに混じって、底の方でコマセを拾い始める様子が観察できました!

これは!と思い、すぐに移動。釣りを再開します。コマセを撒きつつ仕掛けを入れる事数投目、

ついにグレが湧くようになりました!!

しかし、掛からない...。

最初は岸から7〜8m位の所にコッパが湧いてましたが、そのうちに10〜15m付近に25〜30cm位の群れも見えるようになって来ました!

でも、掛からない....。

一回、コッパがつけ餌に食いつく様子が見えたので合わせましたが掛からず。 湧いてる群れのど真ん中に仕掛けが入ってるのに、アタリ出ず餌だけ取られるとか。

なんで? なんで掛からない??

ガン玉の数をG8 1つだけにしてみたり、全部外してみたり、ハリスを1号に落としたりしてみましたが、結局カスリもせず約30分の時合い終了。グレは何処かへ行ってしまいました。

それと入れ替わって、豆アジの群れが活発に寄る様になりました。隣の方も豆アジ釣ってます。

お土産確保でサビキに変更。4匹釣った所で群れが去ってしまい、移動する事に。移動準備中に豆アジの大群が回遊してるのを見ながら、釣り場を離れました。

西舞子漁港 テトラ

しかし、本当にこの日は暑い!! グレを狙いながら熱中症になりそうだったので、移動中日陰で少し休憩しました。

PAP_2267.jpg
時間は15時。久々に来ました西舞子漁港のテトラです! 3〜4年前に一度だけ見に来た事があります。その時はまだ3〜4月で海藻が生い茂ってましたが、6月ともなるとだいぶなくなってました。

PAP_2264.jpg
海の色がとても綺麗ですね。素晴らしい!

ここは小物狙い。サビキを投げてベラを狙ってみます。開始早々にアナハゼゲット!

しかし、その後はフグの入れ食い!! そのうちに東の激流が収まって来たので、沖に投入して本命のベラゲットです〜(ノ ^▽ ^ )ノ

ポツポツと釣れましたが、3匹釣った所で数が伸びなくなりました。アタリは頻繁にありますが、小さいのか掛からない。掛かってもクサフグ。

この場所、水深2mない位でした。浅過ぎ。コマセも試しに撒いてみましたが、特に良型の魚が寄る気配はありませんでした。

向こうのテトラのが良いのかなぁ。でも、フェンスがあって渡れないんですよね。身軽なルアーマンは入ってましたが、どうやって渡るんだろう。

17時頃まで続けましたが、どうも思う様に釣れないので、アジュール舞子の豆アジを狙って帰る事に。

垂水港 中央堤防の付け根岸壁

アジュール舞子に戻ると、いつの間にか釣り場は満員御礼になってました。しかし、皆さん釣れてない。時合いじゃないのかなぁ。釣れてないのに入ってもしょうがないので更に移動。

やって来たのは垂水港。中央堤防付け根の船の間は先客がいたので、更に奥の岸壁に入る事にしました。

延べ竿&サビキで小物を狙います。

ポツポツアタリがあり、小メバル、スズメダイ、ハオコゼが引きを楽しませてくれます。もういい加減帰ろうと思った18時半。

沖から小さなハネを伴って魚の大群が接岸!!

すると、

ついに豆アジが入れ食いになりました〜(ノ ^▽ ^ )ノ

PAP_2261.jpg
1投1匹で釣り上げて、最終18匹を追加!!

PAP_2260.jpg
時間は19時半を回ってしまい、アタリも遠のいたので終了としました。

釣行を終えて


釣りを終えて帰宅すると、もう疲れ果ててすぐにお布団へ。晩ご飯を軽くいただくも回復せず、速攻睡眠へ。

しかし、寒気。38.6度の高熱が出てしまいました。

睡眠不足、照りつける太陽、熱中症になりかけながらの釣り。今回は体力が持ちませんでした。

早めに行けばグレの時合いに間に合うと思ったのですが、そうでもないですね〜。やっぱり腕が悪いかなぁ。見えたグレが釣れなかったのも悔しい所です。

最近、どうも良型の魚が釣れずスランプに入ってしまった様です。多くを求め過ぎず、四季折々釣れる魚を釣って楽しむ、という初心を忘れずに釣行したいですね。

風邪が治ったら、また折を見て竿を出してみたいと思います。
スポンサーリンク
関連記事
【釣り情報】
最新の釣り情報はにほんブログ村をチェック!!(当ブログも参加中!)
  • にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
  • にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへ
  • にほんブログ村 釣りブログへ
Theme: 釣り - Genre: 趣味・実用