スポンサーリンク
スポンサーリンク

涼しい半夜釣りでチヌ2枚!

釣行データ


PAP_3612.jpg

【日付】2018/7/21
【潮】小潮
【対象魚】クロダイ・小物なんでも
【エサ】オキアミ・コーン・ミミズ
【釣果】クロダイ(チヌ)36cm×2匹 600g、700g
【釣行時間】17時半〜22時
【場所】HG堤防

釣行記


今回の週末は、HGへチヌ狙いに行って来ました。

アジュール舞子の大サバ釣りも行きたいのですが、前日にアジュール舞子がTVで紹介されて混雑必至。魚の群れも小さくなって来た様なので、例年よく釣れるチヌを試してみました。

現地到着17時半頃。潮はまだ豪雨の影響で濁り気味です。まずは堤防内側をサビキで狙ってお土産作り。ところが、まだ日が高いせいかアタリがさっぱりありません。スズキの稚魚が1匹掛かったのみ。最近の日照りで小アジの活性が落ちてる様です。

日没近くなったので、18時半には外側テトラに移動。テトラ際浅瀬のチヌ狙いを始めます。

開始早々はやはりスズメダイが元気でオキアミを取って行きます。そこで、持参したミミズを試すと餌が残ります。4〜5投して反応がないため、再びオキアミやコーンをローテーション。

日没前後、足元のテトラに小さなイワシが大量に押し寄せました!波に揉まれてテトラの上まで乗り上げるイワシも多数!そして、カモメ達が寄って来て鳥山が目の前に立ちました!!19時頃。この時間にこんなナブラ出るなんて...!!内側で小アジが釣れてれば生かしておいたのに、こういう時に限って活エサがありません。

そして、隣に丁度ルアーマンが投げてたので密かにエールを送ってましたが、残念ながらノーヒット。あのイワシの追われ方は、恐らくハマチなどの青物でしょうね。タモの網を細かいのに変えて、イワシすくって投げてみたかったなぁ。時合いはほんの3〜4分ほどで、間に合いませんね。

暗くなってくると、オキアミが残り始めました。時合いの合図。斜め正面からの風が強めに吹いて涼しいです。海はシケてるのでいつもは入らない少し高い場所に移動しました。

波気といい濁りといい丁度良い感じですが、夕マヅメは結局アタリなし。今年はこの浅瀬に入ってないのか...と思い始めます。

20時を過ぎて、ようやく風、波共に収まって来たのでいつもの釣り座へ移動。流れは左流れ。右に遠投して足元まで流して攻めます。

何投かした頃、丁度足元のテトラ際まで仕掛けが来ました。根掛かるギリギリの線を道糸を張って流します。すると、少しウキが入りました!軽く合わせると、小サバ?みたいな手応え。小物か、と思ったら急に横に走り出します!

おおっ、おおーーーーっ! 本命じゃん!

型はそんなに大きくなさそうだけど、目が覚めた様にテトラに向かって突っ込み始めました!1回、2回、3回と左のテトラ際の攻防を繰り返し、右に誘導してもまだテトラに突っ込む元気具合!

ようやくタモ入れまで持ち込むも、右側で3回失敗。浅いテトラを乗り越えさせて左側に誘導してようやく入りました。

PAP_3618.jpg
36cmのクロダイゲットです〜(ノ ^▽ ^ )ノ 時間は20時45分、エサはオキアミ。

良かった〜!小さめながら今年も会えました!

まだ居るだろうと続けますが、中々当たりが出ません。21時半頃、ようやく左の流れが収まって右流れに転流。すると、今度は右のテトラ際でウキが入りました!

合わせると中々の手応え!!

浅い沈みテトラの向こうで掛けたので、やや強引に海面近くまで浮かし、そのまま手前に誘導すると沈みテトラを越えました。しかし、ここですっぽ抜け。

仕掛けを回収して針先をチェックすると、少し刺さりが甘くなってました。根掛かりで甘くなったのか、掛けた時に歯に当たって甘くなったのか分からないけど、針先が甘いとバラしやすいですね。サイズは、35〜40cm前後の感じでした。

悔しいのでリベンジ!もうコマセも無くなりましたが、時間はもうすぐ10時。コマセの追加なしで探ります。

流れは斜め右の少しきつい付け潮。やや沖目に遠投してテトラ際まで探ります。3投後、電気ウキがテトラ際まで流れるとウキが綺麗に入りました!

合わせると本命の手応え!

こいつもやたら元気!結構向こうで掛けたので、テトラに入られないよう強引に巻き取ります。手前まで来ても本当によく突っ込んで楽しい〜(*^○^*) すっぽ抜けを警戒して、丁寧にやりとり。波に乗せて左側に誘導。タモは真っ暗の中1発で決まりました!

PAP_3617.jpg
同型のチヌ追加しましたーーーーー(ノ ^▽ ^ )ノ 時間は21時59分。エサはオキアミ。

バラしてからわずか3投後で来るという奇跡!! 時合いでしょうか!?

その後少しだけ続けるも、再び転流して左流れに。3〜4投すると、根掛かりで高切れ。ウキを回収して、時間も遅いので終了としました。

釣行を終えて


PAP_3615.jpg
そんな訳で本日の釣果!

36cmが2枚!この時期の浅場狙いとしては、もう少し数型共に期待してましたが、まぁ荒れ後じゃないのでこんなもんでしょう。それより、この大きさで本当に元気でよく突っ込んで楽しませてくれました!!テトラ際の攻防が面白いですね。タナは1ヒロ(1.5m)でした。

捌いたクロダイの胃の中は、片方は押し麦沢山。もう片方は海藻沢山でした。

翌日、ちょっと用事があってついでにHGを偵察。たまたま紀州釣り(ダンゴ釣り)の方がいたので声を掛けると、何と何と!40cmオーバーを7枚も揃えてるじゃないですかーーーーーーー!!!すごっ!爆釣ですね!

いや〜、あのポイントは私も夕方にダンゴを投げた事があるけど、30cm前後の小型しか釣れた事ないです。まさかね、あの場所で、しかも日中にこんなに出るとは驚きです。初めて見ました。

あそこはスズメダイが凄まじいので、ダンゴと言えど日中にオキアミでは歯が立たないでしょうね。刺し餌何か聞けば良かったな〜(笑 多分、ボケとかサナギとかコーンでしょうね〜。ダンゴを投げても日中は釣れた事ないので、非常に驚きでした。夢のある釣果見せて下さってありがとうございました!!

PAP_3623.jpg
やっぱり夏の半夜は涼しくて良いですね。中型2枚、釣れて良かった〜(*^○^*) 夏の間にまた竿を出してみようと思います!!

ヘッドライトを賢く使って釣果アップ!
夜間釣行時は、安全のためヘッドライトを使いましょう。その際、他の釣り人を照らしたり海面を照らすのは、極力避けましょう。

ライトの明かりに割と鈍感な魚種(タチウオやアオリイカ、サバ等)でも、大型まで生き抜いた魚は頭が良いです。釣り人の不自然なライトを素早く察知して警戒、群れが散ってしまいます。海面を照らさない様に気を付けて、賢く良型をゲットしましょう。

今回のタックル・コマセ


クロダイ狙い

・竿;インターライン磯竿1.5号-5.3m
・リール;トライソSHOX2500LBD
・道糸;4号
・ハリス;FCスナイパー7lb(1.75号)
・針;金チヌ2号
・ウキ;冨士灯器電気ウキ FF-2
・コマセ;ヌカ3:湾チヌスペシャル0.5:押し麦0.1:砂0.5:オキアミ200g
※1Lのカップで計量。
スポンサーリンク
関連記事
【オススメ情報】
最新の釣り情報は にほんブログ村を今すぐチェック!!(当ブログも参加中!)
  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
  • にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
  • にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
Theme: 釣り - Genre: 趣味・実用