スポンサーリンク
スポンサーリンク

【釣行記】アジュール舞子で大サバ爆釣!釣り方や仕掛けの紹介も!

PAP_3598.jpg

毎年恒例、アジュール舞子の大サバ釣り。35〜45cm前後の大サバが、岸壁から手軽に釣れる事で有名ですね。主に夜釣りで狙います。

今回の実釣は2018年7月14日。大潮3日目で運良く大きな群れが入り、入れ食いを堪能出来ました! 今回は、釣行記とタックルや仕掛けも詳しく紹介します。



釣行データ



【日付】2018/7/14(7/7まで西日本豪雨、その後ピーカン)
【潮】大潮
【対象魚】大サバ・豆アジ・小物なんでも
【エサ】アジの切り身(砂糖オキアミ汁漬け)・豆アジ・スズメダイの切り身・オキアミ
【釣果】大サバ35〜38cm×9匹
 小〜豆アジ8〜11cm前後×17匹・小サバ10cm前後×4匹・スズメダイ12cm前後×20匹・ベラ13cm前後
【釣行時間】15時半〜0時半
【場所】アジュール舞子 ホテルせトレ前 表側 [釣り場マップ]

釣行記


PAP_3587_2018071716532513a.jpg
3連休の初日は、アジュール舞子へ大サバ釣りに出かけました!

現地到着は15時過ぎ。混雑が予想されたので早めに到着です。暑いのでゆっくり準備をしていると、何とタモの柄を忘れた事に気付きます。バッカンなど簡単な道具だけ置いて大急ぎで一旦帰宅。40分後くらいに戻って来れました。ピーカンで汗だくです。

サビキ&のませ釣り

日中はサビキでお土産作り。ワンドの方は小アジがよく釣れてるけど、表向きはさっぱりですね。スズメダイの活性がとても高く入れ食いを堪能しました!20匹釣って、4匹は大サバの餌用です。

PAP_3585.jpg
海の色はこんな感じ。豪雨の1週間後ですが、あちこちに大量の浮遊ゴミが漂ってます。濁りはそんなに酷くなくて、水潮もだいぶ解消された感じ。

PAP_3582.jpg
小アジが釣れないので、釣れたスズメダイとベラを明るいうちに捌いてしまいました。

釣れたスズメダイは時折泳がせてみましたが、特にアタリなし。

日没前から、ようやく小アジが小サバの時合いが訪れます。でも、何となく活性低め。1匹づつ釣って、小アジ17匹に小サバ4匹が揃いました!

釣れたアジも泳がせましたが特に反応なし。日没後は、イワシのライズが発生!この中にも投入しましたが、のませはアタリなしでした。

大サバ釣り

前日の情報では時合いが早いという事で、少し早めにサビキを切り上げて大サバ釣りの準備。でも、やっぱり切り上げるのが遅かったです。

19時50分。準備中に時合い到来!向こうで1本上がりました!準備を急ぎます。そして、向こうで更に1本!20時過ぎからようやくスタートです。

しかし、周囲はポツポツ釣れていますが、私にはアタリなし。餌を少し大きめに付けていたのですが、大きすぎかな?と思い少しカットして食べやすくしてあげました。

すると、ウキに反応が!沈んだり浮いたりを繰り返しながら流れて行きます。合わせ所がないまま巻き取ると、乗りました!!

大サバ独特の鋭い横っ走りを楽しみます。さて、足元まで誘導してタモに手を伸ばすと、タモがサビキの竿に絡まって下りません〜(泣 タモが使えないので、慎重に抜き上げました。

PAP_3577.jpg
20:39 1本目ゲット!

写真撮影して捌いて再び投入。ポツポツアタリが出ますが、なかなか乗りません。時合い中で周囲でもポツポツ釣れてます。

しばらく流すと、ウキが綺麗に消し込みました!4〜5秒待って合わせるとヒット!今回も鋭い突っ込みを交わしてタモ入れに持ち込みます。しかし、タモ入れが全然決まらない〜(泣 お隣の方がアシストしてくれようとしましたが、何とか自分でやろうと根気強くすくいます。 8回目でようやくネットイン!

PAP_3574.jpg
21:10 2本目ゲット!

既にこの頃には周囲は入れ食い。私も追加を狙って続けます。

PAP_3573.jpg
21:17 3本目!

PAP_3570_20180717165317ef4.jpg
21:33 4本目!! 周囲も爆釣中でお隣の方とダブルヒット! 捌いたら、カタクチイワシが4〜5匹出てきました。

PAP_3569.jpg
21:40 5本目!! 仕掛けを入れるとすぐ当たる入れ食い状態に突入!

PAP_3566.jpg
22:08 6本目! やっとタモ入れに慣れてきて、1〜2発で決まるようになりました。

後ろのホテルセトレの明かりがメガネに反射して、海面が見えにくいのがタモ入れしにくい原因と判明。帽子で光を遮ると、かなりやりやすくなりました。

次のアタリは合わせて乗ったのですが、やりとり中にすっぽ抜け。

PAP_3564.jpg
22:27 7本目! 何と、今度はタモの柄が固着!ここから先は、タモを1箇所畳めない状態で取り込みです。

右隣のグループはこの辺りで納竿。

そして、ここから先も時合いが続くのですが、投入に失敗して仕掛け絡みが多発。5回連続で絡まった時は心が折れそうになりました。周囲が釣れ続いてるので焦る焦る。

絡まった状態で流してしまった回も多く、大反省。仕掛けをきちんと点検して、ガン玉の位置変更とハリスを交換したら直りました。

そして、同時にお腹が減り過ぎて腹痛も!おにぎりを食べながら続けます。

PAP_3562.jpg
23:01 8本目! 段々食いが渋くなって来ました。タモの中で針外れ。

次はスプールから糸が一気に出て行く強烈なアタリ!7〜8秒待ってしっかり食い込ませてから合わせましたが、掛かりませんでした。待ち過ぎもダメみたいですね。

PAP_3560_201807171653092b2.jpg
23:20 9本目! これは本当によく引きました! 右に左に走りまくられて良型を確信! 40超えたと思いましたが、38cmでした。タモ入れは1発成功!

その後1回ヒットしますが、足元まで誘導してタモに手を伸ばした所で痛恨の針外れ。隣の方も抜き上げでバラしていたので、食いが渋かった様です。

これを最後に周囲も釣れなくなったので、ようやく夕方釣れた小アジを捌きます。

0時頃に最後の1投をして、本日は大満足で納竿! 片付け中に再び時合いが来て、ポツポツと釣れ始めていました。

釣行を終えて


PAP_3555.jpg

そんな訳で、人生初の大サバ9本!!爆釣でしたー(ノ ^▽ ^ )ノ

大潮3日目で期待してはいましたが、まさかこんなに釣れるとは!

ただ、反省点も多かったです。

1、タモと一緒にサビキなど他の竿を置かない。肝心な時に絡まって使えなくなる。
2、タモを真下に伸ばしたら固着したので、必ず斜め下に伸ばす。
3、ホテルの明かりがメガネに反射してタモ入れ失敗しまくり。明かりを帽子で遮る。
4、腹が減って体力&集中力が落ちるので、忙しくても何か食べる。
5、仕掛け絡みが頻発したら、早めに仕掛けを交換する。
6、1本づつ捌くか、サバ折りにして続けるかは悩み所。
7、沢山釣るとタモのセットが緩むので、随時チェックする。

合計8回もタモ入れしたのは初めてだったので、今回はタモ関係のトラブルが多かったです。

あと、投入時の仕掛け絡みは、一度クセが付くと頻発する様です。クセのない新しいハリスに交換したら直りました。時合い中だと焦るけど、早めに交換するのが吉。針も代わるので掛かりも良くなるはず。

釣れた大サバは、すぐに内臓を出してクーラーで冷やしました!

PAP_3550.jpg
帰ってお刺身。やっぱり何度食べても美味しいーーーーー(*^○^*) 脂の乗りはやや薄めでしたが、プリプリしてコクがあって最高でした!

寄生虫のアニサキスやヒスタミンによる食中毒の心配があるので、真似される方は自己責任で。釣れてすぐに内臓を出して冷却。寄生虫をしっかりチェックして、その日のうちに頂くのが鉄則です。

大サバ釣りのコツ


PAP_3599.jpg

アジュール舞子の大サバ釣りは、基本的に電気ウキを使った夜釣りです。エサはサンマの切り身が手堅いですね。

時合いと場所取り

時合いは20時〜2時に来る事が多く、特に21時〜23時は最も好実績です。非常に混雑して場所取りが激しいので、確実にいい場所を取りたい方は正午〜16時頃釣り場に入りましょう。22時半を過ぎると帰る方もいるので、交代で入るのも手です。

タナ

タナは3〜4.5m(2〜3ヒロ)。アジュール舞子は水深7m前後です。底付近で当たる事はありません。活性が高い時は浅めの3〜3.5m。活性が低い時は3.5〜4.5mを探りましょう。

合わせ

合わせは遅合わせが基本。ウキに反応があってもすぐには合わせず、ウキが見えなくなるまで入ってから合わせます。ウキが高速横っ走りするアタリが出たら、即合わせすると掛かる確率が高いですよ。

また、中々消し込まずいつまでも沈んだり浮いたりを繰り返している場合は、仕掛けを止めて何度か軽く誘いましょう。口先だけでちょぼちょぼ居食いしてる状態。運が良ければ、これで巻き取ると掛かります。

取り込み

取り込みは、抜き上げが基本。個人的にはタモ入れ奨励です。食いが浅く、抜き上げ時のすっぽ抜けが多発する事も良くあります。勿体無いので、ぜひタモ入れしましょう。

置き竿の注意点

流れが緩く置き竿にする場合は、ウキから目を離さない様にしましょう。知らないうちに掛かって、竿やリールが海に持って行かれる事があります。目を離す場合は、ベールを開けて糸の出をフリーにしておくと安心です。

基本タックル&仕掛け紹介



磯竿

PAP_2375.jpg
今回は、リョービの「ECUSIMA 潮磯 SS-2」という遠投用の磯竿を使用。4号-5.3mで重さ400g。重いので安全柵に竿を置いて、リール側だけ持って釣りました。

遠投用なのでガイドが大きく仕掛けの飛びが良いですよ。また、魚が掛かってからも主導権を簡単に取れるので、お隣さんとダブルヒットになってもお祭りを回避出来ます。抜き上げも余裕。


現行品だと、ダイワのリバティクラブ 磯風 4-53遠投が近いでしょう。重さ370gです。


竿の軽さ重視ならホリデー磯の3号がおすすめ。4mで170gと非常に軽いので、手返しが速くなり疲れにくいです。4mは大橋下辺りの後ろが狭く振りかぶりにくポイントで有効。セトレ周辺やワンドなら5.3m(290g)が良いでしょう。

遠投用ではないので、仕掛けの飛距離はやや劣ります。

リール

DSCF9542.jpg
リールは、シマノAERLEX5000という大型リールを使用。非常にパワーがあり、安心してやりとり出来ます。大サバの引きは強烈なので、この位リールのパワーがないと主導権を握れませんよ。安めのリール&古いためドラグ性能はイマイチ。リール逆転でいつも対処しています。


現行品なら、ダイワのレブロス3500番が最適。ナイロン5号150m巻きでパワーノブ採用。リーズナブルかつ高性能でパワーもあるので、大サバには丁度良いでしょう。

シマノで選ぶなら、5000番(ナイロン5号150m巻き)のリールを選ぶと良いですよ。

道糸はナイロンの4〜5号を巻いておきます。

タモ


タモはプロマリンの安物でOKなので1本用意しましょう。なかなか入りませんが、取り込みでのバラシは激減しますよ。今回は、タモ失敗のバラシは0でした。岸壁が高いので、5.4m以上必要。

抜き上げだとどうしてもバラシが増えてしまいますが、手返しは速いですね。手返し重視で数釣りを楽しみたい方は必要なし。丁寧に1本づつ確実に取って、特に40cmオーバーの大物を仕留めたい方はタモを用意しましょう。

また、食い渋りで抜き上げ時すっぽ抜けが多発する時にも活躍します。


安物だと早々にタモ枠が壊れてしまいます。私は50cmの枠と交換して使ってます。

電気ウキ


電気ウキは冨士灯器のFF-14を使用しました。3号となっていますが、5号乗るので少し遠投が効きます。毎年お世話になってる、高実績の電気ウキです!


ハピソンのラバートップミニウキ3号もアジュール舞子の大サバ釣りでは標準的な電気ウキです。私も以前実績があります。

大きな群れが入ってる時はそんなに遠投しなくても掛かりますね。3号まで鉛を乗せられます。

集魚灯


集魚灯はケミホタル37を針上30cmの位置に付けました。大サバにアピール出来るだけでなく、投入時の仕掛け絡みも視認出来るので必需品ですね。

中に入ってるチューブを2つに切ってハリスにセット。ケミホタルを上下から押さえると絡みを軽減できますよ。


ベテランの方はレインボーに光る水中ライトを使う方も多いですよ。ヒロミ産業の2灯式レインボーが高実績!

ハリス

ハリスはナイロンの3号を使いました。引きが強く抜き上げる事もあるので、太めの3〜4号を使いましょう。長さは1.2〜2m取ります。


もし予算があるなら、シーガー グランドマックスの3号がおすすめ!とても高価ですが、丈夫で切れにくく根ズレにも強いです。

ナイロンではなく、フロロカーボンのハリスを使うのが一般的ですね。根ズレに強く、大サバの口で噛み切られる可能性も軽減できますよ。

釣り針

最も肝心なのが針。必ず2本結びましょう。


親針としてチヌ針3号を結びます。


孫針としてグレ針5号を、親針の3〜5cm下に結びます。チヌ針2号でもOK!

間隔は餌の大きさに合わせましょう。

1本針で釣りをすると、掛かるのですがまずバレます。以前3匹掛けて全てすっぽ抜けました。大サバは口が弱い上に口先でちょぼちょぼ餌をかじる事も多く、掛かりが浅い事が多いです。2本針で確実に掛けるのが、基本中の基本です!

現場で2本結ぶのは大変なので、あらかじめ2〜4セット結んでおきましょう。肝心の時合いを逃さずに済みますよ。

エサ

エサは、スーパーで買ったアジを切り身に卸して、砂糖&オキアミ汁に一晩浸けたものを使いました。

1パック100円で1.5パック分使用。安くて助かります。漬けると柔らかくなり餌取りにはやや弱くなります。遠投もエサ外れがちょっと心配。けど、時合いが来ると本当に食いが良いですね。


一般的には、サンマの切り身が定番。


サンマの切り身で漬け込みを試したいなら、ツケ込みにコレだ!!の様な強力集魚の漬け込みタレが手軽でおすすめです。周囲と差がつくはずですよ。

スズメダイの切り身と豆アジもそれぞれ1〜2投試しましたが、今回はアタリなしでした。これも、過去に当たったり釣れた実績のあるエサです。

その他

道糸にはウキ止め糸をセット。その下にシモリ玉を入れて、ウキスイベルを付けた電気ウキを通します。

更に、カラマン棒を通して浮力調整鉛とヨリモドシをセット。

ヨリモドシにはケミホタルのパイプを通した3号のハリスをセット。ハリスには2本の針が付いてる状態。

これで大サバ仕掛けの完成です。

まとめ


PAP_3558.jpg

今回は、人生初9本もの大サバを釣り上げる事が出来ましたーーー(ノ ^▽ ^ )ノめでたい!!!!

実は、周囲の釣果を数えながら釣ってたのですが、自分も含めて51〜52本カウントされましたよ!!!正に爆釣!正に入れ食い!!本当に大きな群れでした。

短時間で数を伸ばした方は、やはり抜き上げで手返しが速かったですね。どうしてもタモ入れ&撮影&捌くを繰り返すと手返しが悪くなってしまいます。その辺は課題という事で。

20時〜0時で、アタリは15〜16回。掛かったのは12回。取れたの9本でした!飯を食う暇もないほど忙しかったです(笑

今回は、丁度3連休に合わせて大きな群れが入って、いい思いをした方も多い様ですね。大潮の3日目以降は、例年好実績です。日ムラはありますが、次の長潮までポツポツ釣れ続くと思うので、興味のある方はぜひ足を運んでみましょう。

PAP_3556.jpg
大サバ9本!入れ食い!爆釣!!言うことなしです。海の恵みに大感謝です〜!!!

ヘッドライトを賢く使って釣果アップ!
夜間釣行時は、安全のためヘッドライトを使いましょう。その際、他の釣り人を照らしたり海面を照らすのは、極力避けましょう。

ライトの明かりに割と鈍感な魚種(タチウオやアオリイカ、サバ等)でも、大型まで生き抜いた魚は頭が良いです。釣り人の不自然なライトを素早く察知して警戒、群れが散ってしまいます。海面を照らさない様に気を付けて、賢く良型をゲットしましょう。

今回のタックル


大サバ狙い

・竿;リョービ ECUSIMA 潮磯 SS-2 4号-5.3m
・リール;シマノAERLEX5000
・道糸;5号
・ハリス;ナイロン3号
・ウキ;冨士灯器 FF-14 超高輝度電気ウキ 3号
・親針;チヌ針3号-白
・孫針;グレ(ケイムラ) 5号
・集魚灯;ケミホタル37(針上30cm)
スポンサーリンク
関連記事
【オススメ情報】
最新の釣り情報は にほんブログ村を今すぐチェック!!(当ブログも参加中!)
  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
  • にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
  • にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
Theme: 釣り - Genre: 趣味・実用