スポンサーリンク
スポンサーリンク

大サバ2本!中アジ2匹@アジュール舞子

釣行データ



【日付】2020/7/8(水) 曇り、早朝豪雨
【潮】中潮
【対象魚】大サバ・小物なんでも!
【エサ】アジの切り身(砂糖オキアミ汁漬け)・スズメダイの切り身・キビナゴ
【釣果】サバ30cm×2本・アジ22cm×2匹・小サバ16〜22cm×9匹
【釣行時間】19時半〜0時半
【場所】アジュール舞子 セトレ前 表側 [釣り場マップ]

釣行記


昨日は、平日でしたがどうしても大サバの動向が気になって、釣り場に足を運びました。

大潮後の中潮、シケの翌日、という事でいい群れが入っている可能性ありです。

ただし、気象庁の天気予報では「海上では南の風 強く」と予報されており、大シケの可能性があります。

現地到着すると、風は少し吹いているものの釣り可能な程度。平日なのと、情報があまり出てないため、セトレ前の表側でも空いてる場所がありました。

実績のあるゲート寄りの空いてる場所に釣り座を構えました。

準備やご飯に30分ほどかけて、20時過ぎからスタート!

最初は西の流れ始めのため、岸寄りも西の急流が通します。たまに小サバらしきアタリが出ますが、乗りません。

21時を回ると流速が上がり本流が離れて岸寄りはゆっくり西流れに。この辺りで、アタリが頻発し始めて、何と22cmのアジが釣れました〜(ノ ^▽ ^ )ノ

これが、小サバ混じりで1時間に2匹釣れました!

21時半、時合い開始。まずは左隣の方に大サバヒット!その後、ゲート際で立て続けに2本上がり、右の中央付近でも1〜2本。しかし、私に来るのは小サバ...。流れは反転して東にゆっくり。

22時過ぎ、時合い中なので少しでも流そうと、皆さんが流し終わる頃電気ウキの隙間に投入。

4秒後、ウキが走りました!!オープンベールから道糸ばバババーーーっと出て良型の手応えです。すぐ糸の出を止めて巻き取り開始!

足元まですんなり寄って、足元で下に突っ込む大サバ特有の走りが見られました。タモ入れは1発成功!

PAP_0777.jpg
21時53分、30cmのサバが釣れました〜(ノ ^▽ ^ )ノ 今季初物です! 餌は、アジの切り身砂糖オキアミ汁漬け。

投入後すぐにヒットして来ました。大サバと呼ぶにはちょっと小ぶりですが、今年は世界情勢の影響もあり、このサイズでも大サバと呼びたい気分です。

そして、続けると相変わらず小サバの猛攻。アジの切り身だと柔らかいため30秒以内に取られます。

釣れた大サバの腹からキビナゴが出て来たので、キビナゴ餌も試しますが、やっぱり小サバ。

周囲では、再び時合いなのか3〜4本立て続けに上がります。

23時を回り、ほぼ時合い終了。帰り支度をする人もいる中、もう少し粘ってみます。たま〜に、見える範囲で大サバが釣れる音がします。

あまりにエサ取りが多いので、スズメダイの切り身をセット。餌持ちが良く、小サバもよく突いて来ます。1回、2回、3回と小サバらしきアタリを、軽く誘ってスルー。4〜5回目のアタリで、ウキが勢い良く潜りました!!

軽く聞きながら巻き取るも、糸フケが出ていて良く分からない。しかし、巻き取るにつれ重みが伝わって来て大サバ確信!

比較的すんなり浮いて、小さく感じたけど念のためタモ入れしました。

PAP_0774.jpg
23時37分、30cmの大サバ2本目ゲットです〜(ノ ^▽ ^ )ノ やったー! 餌は、スズメダイの切り身。

2013年〜2014年頃、スズメダイの切り身で大サバが掛かった事があります。その時は、1本針でやってたので3〜4回も乗ったのに全部針外れ。今回、ようやくリベンジできました!スズメダイの切り身でも、釣れました!

ただ、案の定掛かりが浅くて、タモの中で針外れしてました。危なかったです。

その後は、キビナゴ、アジの切り身、スズメダイの切り身の3つをローテーションしながら探るも、小サバのみ。

0時半頃まで粘って終了です。

釣行を終えて



PAP_0772_2020070918000789a.jpg
本日の釣果!

小ぶりな大サバ2本に良型アジが2匹、小サバ9匹でした。小サバが4匹足りないのは、撮影後に釣れた分です。



今回、冨士灯器 FF−N30 LG、3号の自立電気ウキを使いました。

余浮力は、3号+3B程度と表示通りの浮力が残っています。

PAP_0769_20200709180006a6d.jpg

ウキスイベルに鉛付きのジョイントを自作しました。2号+6Bが入ってます。

PAP_0768.jpg

これを入れる事で、道糸に付ける浮力調整ガンダマを軽くする事が出来ます。

今回は3Bを装着。これで仕掛けをより自然に流せるという訳です。

使ってみた感じは、投入で絡まりにくい感じがしました。チヌやグレを狙ってる時と同じ様な竿捌きで、着水直前に軽くサミングして理想的な投入が連発しました。

今回のタナは3m前後と浅かったため、ウキ固定で対応。この方法で釣果が上がりました。

5〜6mの深めのタナも探りましたが、3Bくらいだと仕掛けが馴染んでるのかどうかイマイチ判断出来ませんでした。5Bくらい乗せてもいいのかも〜と思いました。

今回の仕掛けで、他の方と同じ位飛距離が出たので、遠投性能もまぁまぁ。ウキのボディーも美しくて気に入りました〜(*^○^*)

PAP_0766.jpg
帰ってから早速大サバをお刺身に。相方さんを叩き起こして、二人で美味しく頂きました!やっぱり絶品ですね!

アニサキスに当たらない様、釣れたらすぐに内臓を取り出してクーラーで冷却。切り身にしてからも光に透かして、怪しい部位は全て切除。1切れは廃棄。サバをお刺身で頂く時は、念入りに対策しましょう。

前情報では、今年の大サバは釣れれば大きくて35cm〜40cmがほとんどという話でしたが、この日は小型の群れが接岸したのかサイズが伸びませんでした。周囲でも、35cm以上の大サバに30cmクラスも結構混ざる感じでした。

周囲、見える範囲で21時半〜23時半で18本。釣り人14人。ポイントによりムラがあり、全員釣れる感じではなく、特定の方が立て続けに釣れる様な状況でした。

梅雨前線の影響でお天気不安定、雨だったりシケだったりして中々条件が整いませんね。今回は、一応群れが入っている事が分かりました。次の小潮周りまで、天気が良ければポツポツ釣れるでしょう。

PAP_0782.jpg
やっと釣れました今季の大サバ!サイズは小ぶりでしたが、十分楽しめました!良型のアジも釣れたし、海の恵みに感謝です〜(*^○^*)

今回のタックル


大サバ狙い

・竿;リョービ ECUSIMA 潮磯 SS-2 4号-5.3m
・リール;シマノAERLEX5000
・道糸;5号
・ハリス;ナイロン3号
・ウキ;冨士灯器 FF−N30 LG
・親針;チヌ針3号-白
・孫針;沈め探りグレα 5号
・集魚灯;ケミホタル37(針上30cm)
スポンサーリンク
【オススメ情報】
最新の釣り情報は にほんブログ村を今すぐチェック!!(当ブログも参加中!)
  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
  • にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
  • にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
Theme: 釣り - Genre: 趣味・実用