スポンサーリンク
スポンサーリンク

チヌ連勝ストップ!悪天候の中カサゴ2匹

釣行データ


PAP_0524_ab.jpg

【日付】2020/3/14(土) 雨のち曇り時々雨
【潮】小潮
【対象魚】クロダイ(チヌ)・小物なんでも!
【エサ】砂糖漬けオキアミ・コーン
【釣果】カサゴ 15cm×2匹
【釣行時間】16時半〜21時45分
【場所】西舞子漁港

釣行記


今回の週末も西舞子へ。今の所5回連続でクロダイが釣れてますが、今回はどうでしょうか。

家を出発するもあいにくの雨模様。ここの所、3週連続で土曜日は雨ですね。夕方には止むという予報なので出撃決定です。

現地に到着すると、丁度雨が止みました。前日からの弱い雨が吉と出るか凶と出るか。

16時半、早速スタートです!

今回のクサフグ対策は、コーン&遠投。いつもより多めにコーンを持って来たので、コマセに少しだけ混ぜて針にも2つ〜3つと豊富に付けてみます。

開始早々から東の激流。餌取りはそんなに高活性ではありませんが、段々流れが緩くなると活性が上がって来ました。

最初は15cmほどのヒガンフグがヒット。その後、クサフグもヒット。コーンを使ってるお陰で、餌に歯型が付いて戻って来る事も多くいい感じ。

しかし、明るいうちは本命からのアタリなし。

早めに電気ウキに変更して夕マヅメを迎えました。フグの気配も徐々に減りますが、やっぱり真っ暗になるまでの間には来ませんね。

そして夜。少しフグの気配が残ってましたが...

PAP_0525_ab.jpg
15cm程のカサゴが釣れました〜(ノ ^▽ ^ )ノ 何とか持ち帰れる魚を1匹ゲットです!

すぐに続けると、風が変わって西風に。風波が立ち始めた上に、気温10度以下なのですこぶる寒〜い!!ついでに雨も降って来て、続行不能な状況に陥りました。

それでも、コマセがまだ余ってるのでテトラで傘を差しながら続行。20時半頃にようやく雨風も収まって空には星が。

そして、15cmのカサゴを1匹追加。更に、20cmほどのヒガンフグが来て、いよいよクロダイのアタリも近そうな予感。

流れは真っ暗になってから緩んでましたが、ついに転流を迎えて西(右)に流れ始めました。

すると、ポイントの段差際で根モタレの様なウキの動き。今回も、根を外す操作を2度ほどして回収。

コーンが潰されている...!!!

フグなら歯型が付いて戻って来ますが、ぺしゃっと潰れて帰って来ました。間違いなく本命の気配です。

しかし、次の1投は同じラインを流すも無反応。その後は、コマセが効いてる辺りを重点的に攻めましたが、特にアタリなし。

つい粘ってしまい、21時45分に終了としました。

釣行を終えて


PAP_0527_ab.jpg
本日の釣果!! 丼に入れて丼カサゴで撮影〜w

クロダイ5連勝の街道が、ついに打ち止めになりました。

どうも、先週辺りからクロダイの卵が大きくなって乗っ込みに入った模様。今回は群れが移動してる感じがしました。

そこで、クロダイの産卵場所についてググってみました。すると、意外な事実が...!!

山本太郎直伝 黒鯛流儀>#41 三重県各地の産卵期におけるチヌの行動を考える

上記のサイトによると、「産卵は、海藻やシモリ根等に産み付けるのではなく、完全な浮遊性」だと書いてあります...!

ずっと、浅場の岩礁とか海藻帯に産み付けるのだとばかり思ってました。え?浮遊性なの!?

クロダイを極める

また、上記のサイトでは水族館で飼育員の目撃情報が載ってました。「深夜の海底で、1匹のメスと2~3匹のオスが群れをつくり、〜中略〜 メスは一気に水面まで泳ぎ上がって産卵、同時に追いかけていったオスが精子をかける」という状況だそうです。

えぇー!知らなかったです。しかも、30時間ほどで孵化するとか、早っ!

この中に産卵場所の情報も載っていて、やはり湾内の浅い砂地や水深が浅い藻場なのだそう。

明石海峡周辺は毎日激流が通す海域。卵が浮遊性ならあっという間に何処かへ流れ去ってしまいますね。なので、きっと流れが緩い浅場に移動して産卵してるんだろうなぁ、と思いました。

他にも、乗っ込み期の群れは1日単位で大きく移動して産卵する、何て記事も出て来て面白く拝見。昨日爆釣で今日はさっぱり、という事が頻繁に起こるそうです。

そんな訳で、次回はどこか違う浅場でも攻めてみようかな〜と思ってます。

PAP_0533_ab.jpg
今回は、寒い中の風雨で条件悪かったけど、いい気分転換になりました!産卵についても、新しい事実を勉強出来たし、有意義な1日でした〜(*^○^*)

今回のタックル


チヌ狙い

・竿;磯竿1.5号-5.3m
・リール;ダイワ クレスト 2500
・道糸;3号
・ハリス;シーガーR18バス 7lb 1.75号
・針;金チヌ1号
・ウキ;カヤウキ(中)5B・冨士灯器電気ウキ FF-2
・コマセ;ヌカ3:チヌTEN0.5:押し麦0.1:砂0.5:オキアミ200g
※1Lのカップで計量。
スポンサーリンク
関連記事
【オススメ情報】
最新の釣り情報は にほんブログ村を今すぐチェック!!(当ブログも参加中!)
  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
  • にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
  • にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
Theme: 釣り - Genre: 趣味・実用